中国料理のマナー

丸テーブルでの中国料理の場合、目の前に置かれた料理を近い人から取って、時計回りにテーブルを回して全員が取れるようにします。
ただし、そのテーブルに主賓と思われる人がいる場合は、主賓からとり始めてテーブルを回してしていくようにしましょう。この際、主賓にテーブルを回させないで近くの人が気遣うようにしましょう。
テーブルを回す際には、ちょっとした意思表示をするのがマナーです。
料理を取るときは、自分の取り皿を大皿に近づけていきます。大皿から取って、端で長く運ぶと料理を落としてしまうことも起こりかねませんからやめましょう。
少なくなったスープは口を当てて飲んでも構いません。
中国料理の場合は、テーブルを囲んでいる人たちが同じ料理を食べるということでコミュニケーションが取りやすいともいわれています。
中国料理のマナーとしてよくない振る舞いとしては、次のことに注意をしましょう。
① 手前の食器に衣服などが触れる。
② 大皿から自分の箸で料理を取る。
③ 乗り出して大皿から取ろうとする。大皿が遠いときは、少し手前に寄せてから取るようにしましょう。
④ テーブルを逆に回したり、急に回転させる。
⑤ 大皿の料理を勝手にかき混ぜる
あとは、楽しく会話をしながら食事を進めていくようにしましょう。